過去のイベント報告
2016/04/03〜2016/09/04

 イベント情報 過去のイベント報告トップ  トップページ

 2016/09/04   
 さとやま塾: 「遺跡」と「地形」から見える市野谷の森の移りかわり (参加53名)
 
 今回のさとやま塾は、流山市博物館の学芸員の北澤先生をお招きして、標題の講演を開催しました。
 現代から遡り、10年前、30年前、戦後直後、江戸時代、室町時代、古墳時代の古地図と遺跡を頼りに、市野谷の森周辺の
 土地利用から人々の暮らしに至るまで解説していただけました。古地図は、地名や等高線などを分析して昔の人々の暮らしぶりを
 推測します。小金牧の鹿狩りに東葛地区の住民が何万人も動員された話や、水戸藩の鷹匠の狩場であった話など貴重なお話を
 聞けました。古墳時代には、市野谷の谷津で水田耕作は始まり、30戸くらいの集落があったとのことでした。

  

  
 2016/07/30   
 さとやま観察会: ホタルと夜の生き物 (参加62名)
 
 NPOさとやまが公園管理を実施している西初石小鳥の森で、ホタルと夜の生き物の観察会を行いました。
 蒸し暑い夜になったせいか、公園の奥の池の周囲にはたくさんのホタルが舞う姿が観察できて、大人も子供も大満足です。
 この夜はヒグラシやアブラゼミの羽化もあちこちで見られ、セミの幼虫の背中からまだ青白い成虫が抜け出る様を興味深く
 見守りました。その他に、オオゲジ(ゲジゲジの仲間)やニホンアカガエルなどもじっくり観察できました。

  
 セミの羽化の観察                       羽化したセミ

  
 オオゲジ                             ニホンアカガエル
 2016/07/16   
 さとやま観察会: 水辺の生き物 (参加40名)
 
 自然通信の田中利勝さんを講師に新川耕地で水辺の生き物の観察会をしました。田んぼの水路でメダカやカエルや
 タニシ、ザリガニなどを捕まえて遊びました。最初は網の使い方もぎこちなかった子供たちも、慣れてくるとたくさん捕まえる
 ことができました。リサイクルセンターの会議室に引き上げて、捕まえた生き物をみんなで確認しました。
 オタマジャクシくらいの大きさのナマズの赤ちゃんには立派なひげがありました。トウキョウダルマガエル、ニホンアカガエル、
 ヌマガエルの違いや、メダカとカダヤシの違いも勉強しました。
 
  
 田んぼの脇の水路で生き物を探しました。         田中さんの解説をみんなで聞きました。

  
 ナマズの赤ちゃん                        ニホンアカガエル
 2016/07/03   
 さとやま観察会: 昆虫 (参加37名)
 
 昆虫の観察会には親子連れがたくさん参加しました。森の中で一緒に昆虫を探します。
 子供たちは視線が低いので、昆虫を探すのは得意です。カブトムシやクワガタ、カミキリムシなどのお馴染みの昆虫の他に
 オオツノトンボやビロードハマキなどという変わった昆虫も観察できました。
 オオツノトンボは名前は”トンボ”が入りますが、カゲロウなどの仲間です。ビロードハマキは翅の模様が変わっていますが、
 蛾の仲間です。他にも、シオカラトンボ、ノシメトンボ、ニホンアカガエル、カナヘビ、トカゲなど観察できました。

  
 子供たちもたくさん参加しました。               オオツノトンボ

  
 ビロードハマキ                          カナヘビ
 2016/05/01   
 さとやま観察会: 野鳥 (参加22名)
 
 西初石小鳥の森から大畔を通って市野谷の森に抜けるコースです。西初石小鳥の森では、今年もキビタキの美しいさえずりが
 聞けました。キビタキは毎年この季節に西初石小鳥の森や市野谷の森に滞在します。コミュニティプラザで休憩中に参加者の
 リュックにウンモンスズメというスズメガの仲間がとまりました。翅の模様がとても美しい蛾です。
 市野谷の森ではセンダイムシクイのさえずりが聞けました。さえずりは「焼酎一杯グイー」という聞きなしで知られています。
 森の広場では、ジュウニヒトエなどの春の野草がきれいに咲いていました。

  
 西初石小鳥の森の池の周囲                 カルガモを観察

  
 池の奥でカルガモが身を隠していました          ウンモンスズメというスズメガの仲間

  
 市野谷の森でセンダイムシクイのさえずりを聞く      ジュウニヒトエ
 2016/04/03
 さとやま観察会: 樹木医と歩く市野谷の森 (参加:32名)

 流山出身の樹木医の本澤さんと一緒に市野谷の森の樹木を見て歩きました。本澤さんが子供の頃の市野谷の風景や生き物の
 お話を興味深く聞きました。クヌギやコナラの萌芽更新のやり方や全国に広がるナラ枯れ被害を防ぐ方法などたいへん参考に
 なりました。最後に市野谷のシンボル・ツリーであるオオカシの木について、周辺の人通りが増えるにつれて根が傷んできている
 ので、至急保護する必要があるとアドバイスをいただきました。