過去のイベント報告
2009/05/03〜2010/03/07

イベント情報 過去のイベント報告トップ  トップページ


 2010/03/07   
 3月の野鳥観察会は残念ながら雨で中止となりました。
 2010/02/11  
 環境講座「おおたかの森を知っていますか?」 (参加約30名)
 
 流山市主催の環境講座の一環として、市野谷の森の観察会を行いました。
 子供たちもたくさん参加してにぎやかな観察会でした。
 冬の鱗芽を観察したり、昨年シジュウカラが利用した巣箱の中を覗いたり、大人も楽しめたと思います。
   
 2010/02/07  
 森の手入れと交流会 (参加23名)
 
 年に一度の森の手入れです。アズマネザサを刈り取り落ち葉を掻き集めました。皆さんお疲れ様でした。
 きれいになった林床からは春になったら様々な野草が顔を見せてくれることでしょう。
 集めた落ち葉はそのまま堆肥となって、カブトムシの幼虫が住み着くかもしれません。
   

 作業の後はお餅をついて交流会を行いました。慣れない腰つきで餅つき大丈夫でしたか?
 つきたてのお餅はおいしいですね。たっぷり食べてお腹いっぱいになりました。
 お餅とお雑煮を用意してくれたお母さんたちありがとうございました。
   
 2010/01/10  
 わんぱく道場:竹で遊ぼう (参加25名)
 
 親子で凧と竹とんぼを作りました。お父さんとお母さんも子供の時を思い出して大奮闘です。
 慣れない手つきでナイフで竹を削ります。ようやく完成した竹とんぼは元気良く宙を飛びました。
 凧も完成してみんなでパチリ。
   
2009/12/06   
 さとやま観察会:新川耕地 (参加40名)
 
 さとやまの観察会としては初めて新川耕地で野鳥の観察会を行いました。12月とは思えない暖かい天気で
 田んぼの中をのんびりお散歩です。残念ながらお目当てのタゲリにはめぐりあえませんでしたが、ケリが優雅に
 田んぼの上を舞うように飛ぶ様子は何度も見ることができました。他にツグミやタヒバリなど、冬の野鳥を
 ゆっくり観察できました。
  
2009/11/07〜2009/11/08   
 ジャパンバードフェスティバル in 我孫子 (⇒ジャパンバードフェスティバルのホームページ
  
 11月7日と8日の両日手賀沼で開催されたジャパンバードフェスティバルに出展しました。
 おなじみの落合聡氏撮影の流山の野鳥写真パネルなどを展示。NPOさとやまオリジナルの野鳥カレンダー、野鳥写真はがき、
 野鳥シールの販売を行った他、鳥とチョウの塗り絵やドングリの試食も行いました。お天気が良かったせいか多くの参加者があり、
 NPOさとやまのテントも塗り絵を楽しむお子さんたちやドングリの試食にトライする皆さんで終日にぎわいました。
    
2009/11/01   
 さとやま観察会:落ち葉とドングリ (参加32名)
   
 今年は例年よりもたくさんのドングリが落ちていました。ドングリの豊作年かも。
 コナラ、クヌギ、シラカシなど、それぞれお椀の形や大きさだけでなく受粉の仕方や実の成長などの違いが良くわかりました。
 最後にクリーン作戦で森の周辺の掃除をしました。ゴミをポイ捨てしないでね。
    
 
2009/10/04   
 さとやま観察会:キノコ (参加42名)
 
 講師の金子さんは5年間に渡って市野谷の森に毎日のように通ってキノコの観察を続けています。
 ウチワタケ、ヒビワレシロハツ、エゴノキタケ、ツルタケなど多くのキノコを観察できました。
 落ち葉の上のハナオチバタケはオレンジ色のシェードランプのようでした。
    
2009/09/06   
 さとやま塾 (参加60名)
 テーマ: 私たちは市野谷の森とどうつきあっていくのか−里山は自然観察の身近な宝庫
 講師:  八田洋章さん (国立科学博物館名誉研究員)

 八田先生は日本のブナ科植物の第一人者で、コナラ・クヌギ・シラカシなどのブナ科の樹木について詳しく
 解説していただきました。消えゆく日本の里山について警鐘を鳴らされ、市野谷の森公園とその周辺の
 雑木林を残す意義について熱く語られました。難しいテーマにも関わらず60名もの参加があり、里山の
 保全についての関心の高さがうかがえました。
    
 2009/08/01   
 さとやま観察会:ホタル (参加46名)

 西初石小鳥の森はNPOさとやまが管理業務を請け負っている公園です。
 公園の中の小さな沼の周囲にたくさんのホタルが舞っていました。
 中には参加者の肩に止まるホタルもいて、皆さん大満足でした。
 (写真はありません)
 2009/07/05  
 さとやま観察会:昆虫 (参加45名)

 クヌギの下でクワガタのオスとメスを発見。子供たちも大興奮でした。
 ナメクジのようなコウガイヒルやクモのようなザトウムシなど珍しい生き物もいました。
 コアラテレビでも当日の観察会の様子が紹介されています。
     
 2009/06/07   
 さとやま観察会:チョウ  (参加37名)

 ナガサキアゲハやツマグロヒョウモンなどの南方系のチョウも見られました。
 最後にクリーン作戦で森の周囲のゴミ拾いを行いました。
 観察されたチョウ:18種
   
 2009/05/03  
 さとやま観察会:野鳥 (参加44名)

 森の中でオオタカを発見。
 調整池ではカワセミが何度も優雅な姿を見せてくれました。
 観察された野鳥:34種