関連出版物

 トップページ

 タイトル  著者名・発行社・発行日・価格  内容紹介
  オオタカのすむ
 市野谷の森   
 著者名 恵良好敏他12名   市野谷の森の保全運動に関わる有志による、市野谷の森の紹介。野草・樹木・昆虫・野鳥・哺乳類・爬虫類などの豊かな生態系や市野谷の歴史や保全運動の経緯についても詳述。
 発行者  恵良好敏
 発行日  1997年11月25日
 価格  500円
  オオタカの森
 (都市林「市野谷の森
 公園」創生への道)
 著者名  新保國弘  市野谷の森保全運動に深く関わった著者による、市野谷の森の自然とオオタカの生態、および保全運動を成功させるに至った経緯の紹介。鷹匠を通じてのオオタカと人間との関わりの記述は圧巻。
 発行所  崙書房
 発行日  2000年2月20日
 価格  1300円
 水の道・サシバの道
 (利根運河を考える)
 著者名  新保國弘  東葛地域で広く自然保護運動を続ける著者による、利根運河の歴史と自然の紹介。幅広いフィールドワークに支えられ、利根運河の過去と現在が生き生きとあぶりだされる。
 発行所  崙書房
 発行日  2001年10月30日
 価格  2000円
 オオタカの森を守る 
 (持続可能な循環型の
 まちづくり)
 著者名  恵良好敏  オオタカの森を残してほしいという市民の提案が行政に受け入られ、自然観察公園として保全されるに至る交渉経緯の紹介。著者はその市民運動の中心となって活躍。
 発行所  サンジョルディ
 発行日  2005年7月7日
 価格  1200円